思春期 ニキビ

中学生の頃ニキビが原因でいじめられました。

千草 女性 20代 会社員 脂性肌

 

今でも大人ニキビに悩まされていますが、思春期ニキビが一番たくさんできていた中学生時代にニキビのせいでいじめられた経験があります。

 

当時はニキビが頬やおでこにたくさんできていてまるでクレーターの様でした。女子よりもどちらかと言うと男子にいじめられており、「ニキビが気持ち悪い」「化け物」と言いったことを言われた覚えがあります。

 

当時はもちろんショックでした。とても落ち込んで、学校にも行きたくありませんでした。身近なクラスメイトから陰口を言われてしまっていたので、その苦痛はかなり大きかったんです。ニキビはすぐ直る訳でも無く、跡も残ってしまっていてなかなか改善してもいなかったので、当時は笑うことすらかなり辛いものでした。

 

今は大人ニキビが主にできてしまっていますが、未だに思春期ニキビの跡が残ってしまっています。中学生の時のいじめられた経験からか、今でも街を歩いている時ニキビができている顔を笑われていないか不安に思うこともあるんです。もう中学の頃から10年位経ったのですが未だに過去の辛い記憶が心に残っていて、結構ストレスになっています。そのストレスがまた大人ニキビの発生にも繋がっていて、もう悪循環です。綺麗な肌を手に入れたいなと思うのですが思い通りにもいかないので困っています。

 

思春期ニキビの思い出(中学生編)

ドリ 女性 20代 アルバイト 脂性肌

28歳女性です。初潮がはじまった小学6年生くらいからニキビに悩まされるようになりました。

 

中学生になってからは、本当に酷かった。特にオデコ。オデコのニキビが気になるから、

 

前髪で一生懸命隠すので、それが不衛生でますますニキビを悪化させていました。

 

 

 

まずは市販のニキビ薬を試しました。クレアラシルとか、イオウが多く含まれている塗り薬が多かったです。

 

でも思春期用のニキビの塗り薬ってイオウが沢山入っているから、顔中がイオウ臭くなるんですよ。

 

寝る時付けると寝具までイオウ臭くなって、もう最悪でした。

 

 

 

皮膚科も沢山行きましたよ。でも普通の皮膚科って、思春期ニキビに対して力を入れていないんですよ。

 

ほっときゃ治るさ〜みたいなノリで、積極的な治療はしてくれなかったです。

 

15年程前の話ですので今は違うかもしれませんが。

 

 

 

皮膚科ではコメドを押し出してもらったり、ビタミン剤や抗生物質、塗り薬を処方してもらいました。

 

コメドの押し出しは助かりました、自分で潰すと跡になってしまいますが、先生にやってもらうときれいになりました。

 

 

 

でも処方薬は全然効かなかった。

 

 

 

他の皮膚科は、ピーリングやビタミンC誘導体が配合されている商品が売っている所とかに行きました。

 

多少の効果はあったかな。

 

ついでにビタミンC誘導体入の化粧水も購入して試しました。

 

化粧水も色々あって、ニキビ専用の化粧水とかあるんですね。

 

私は大人ニキビ化粧水というのを買って、それを使いました。

 

それである程度は治ったんだと思います。

 

でも高校生になってもニキビができるお肌でした。

 

思春期ニキビの思い出(高校生編)

ミド 女性 20代 アルバイト 脂性肌

高校生になってもニキビが全然良くならない、むしろ増える一方だった私は、メンタル的におかしくなっていきました。

 

食事にこだわるようになり、油ものは一切取らなくなりました。母に煮物を作ってもらったりしていました。

 

調理に一滴でも油が入っていると、気が狂ったように暴れました。

 

 

 

お菓子なんて言語同断!友達が楽しくおやつタイムを楽しんでいても、私は頑なに食べることを拒否しました。

 

かなりおかしな人に見えていたと思います。

 

 

 

外食もほぼ食べられないので、友達や家族親戚との集まりあとは修学旅行!での食事もほぼできませんでした。

 

サラダにかかっているドレッシングでさえ、怖くて手がつけられませんでした。

 

 

 

パンを買うときは出来るだけ油分の含まれていないものを調べて買うという徹底ぶり。

 

 

 

そんな食生活を送っていたので、過度なダイエットと同じ。

 

急激に痩せて生理が止まりました。そんなことしたらニキビによくないことは、後になって分かりましたが。

 

当時は必死でした。

 

 

 

同時に鏡も見れなくなりましたし、新しいニキビが出来た日にはパニック状態になって、学校に行けない時もありました。

 

写真も苦手になり、高校生時代の写真はほんの数枚しかありません。

 

 

 

鏡と写真が苦手なのは28歳になった今もです。

 

 

 

思春期ニキビに悩まされる方の心の闇をすこしでも知っていただけたらと思い書きました。

 

 

 

そんな生活は一年以上続けたと思います。

 

徐々に食事のこだわりは減って行きましたが、ニキビのせいで、メンタル的に不安定にもなりましたし、自分の外見にすごくこだわるようになりました。

 

自分にも自信がなくなり、消極的になり引きこもりがちになりました。

次の日、肌を触るのが気持ちいいです

40歳を過ぎた頃、仕事が忙しく寝不足が続いていたら、肌がたるんできたようになり鏡を見てがっかりしていました。

 

その頃、サンプルでコラーゲン飲料を飲んだら、とても肌の状態が良くなったのでしばらく続けていましたが、結構価格が高かったのでなんとなく止めてしまいました。

 

ただ、コラーゲンを飲んで調子が良かったので、代わりの物は無いかと思い、カプセルのサプリメントを飲んでみたのですがあまり効果を感じられませんでした。

 

コラーゲンパウダーに切り替えたところ、次の日、肌を触った感じがプルプルしていて気持ちが良かったです。

 

ファンデーションのノリもいつになく良く、粉をふいたようにならずに、とても調子が良くなりました。

 

夜、紅茶や緑茶に入れて飲んでいるのですが、少し癖や臭いがあり最初の内は気になりました。

 

少し、味の濃い飲み物に混ぜた方が飲みやすいのかもしれません。

 

今は慣れて、それ程気にならなくなりましたが。

 

金額も、ドラックストア―で安売りを良くしているので安く手に入り、コストパフォーマンスが良いです。

 

年齢的に、肌の衰えはとても気になるところです。

 

今のところ、これ以上気に入っているものが無いので、もっと良いものが見つかるまでは、まだまだ飲み続けたいと思っています。

 

コラーゲンパウダーランキング

続きを読む≫ 2016/12/26 17:11:26

うちの3歳の長男には生まれつき、「脂腺母斑」(しせんぼはん)といわれる、痣が左側頭部にあり、一見10円ハゲのように見えます。産後間もなく形成外科の先生にそのように診断され、就学前に手術で取ったほうが、将来悪いものに変わるかもしれないので安心です。と言われてきました。

 

それで、毎年1回形成外科に通院し、痣の大きさや様子を経過観察して頂いてきました。これまでは、体が小さかったため、手術に耐えられないので見送っていましたが、3歳になり、体重も増え、体力的にも手術に耐え得るということで、今年の12月に大学病院で手術を受けることに決まりました。

 

今日、かかりつけの形成外科で、手術の日程を決め、大学病院に連絡を取って頂き、紹介状を書いて頂いて来ました。来月に手術前検査と詳しい手術の説明を受ける予定となりました。たいして難しい手術では無いということですが、やはりまだ3歳の息子に手術を受けさせなければいけないということは正直つらいです。

 

今はまだ何もわかっていませんが、検査の際と手術当日はおそらく大泣きするのだろうなあと、とてもかわいそうになってきます。ですがこれも息子の将来のためですから、心を鬼にして、受けさせます。髪の毛も全部剃らなくて良いとのことで、真冬に坊主は寒いだろうと心配していたので、安心しました。

 

まだ両親の私たちも詳しい手術方法などは聞いていないので、不安なことだらけですが、無事に終えられることを心から祈っています。

続きを読む≫ 2016/12/26 17:11:26

現在26歳、独身女です。

 

今回私が書こうと思ったのは今の自分、これからの新たな人生についてです。

 

現在、私のお腹には赤ちゃんがいます。
父親はいません。

 

ついこの間まで私は何にも知らず、充実したプライベートにお仕事という、いつもと変わりない毎日を過ごしていました。

 

そんなある日、暫く生理が来ていないことに気づきましたが、あまり気にしていませんでした。

 

ただ、体調の変化や異常な程の食欲に疑問を感じ、友人に相談したところ、妊娠の疑いを言われました。

 

その夜、何気なく検査薬を試して見ました。

 

結果は言うまでもなく、それでも信じきれませんでした。

 

何故なら私は子宮系の病気を持ち何年も通院生活の中、将来的にもなかなか難しいかもしれないと言われておりました。

 

だから余計に半信半疑でした。

 

後日病院に行って診てもらうと自分が想像していたよりも、もっと大きくて形も立派な人間の形になっていました。

 

先生も驚きを隠せないままおめでとうと何度も言ってくれました。

 

ただ、私はその言葉がとても複雑でひたすら泣いていました。

 

何故なら独り身だからです。

 

どうしたら良いのか悩んで悩んで何日にも渡り泣き続けていました。

 

それでも私はこの子を産んであげたい。

 

どんなに辛くても、たとえ贅沢はさせてあげられないとしても、精一杯の愛情で幸せにしてあげたいと心から思いました。

 

私がどんなに不安でもお腹の中では元気に動き回って生きてくれているのです。

 

どんな形であっても諦めかけていた私の元へ来てくれたのです。

 

自分にとってどんなタイミングであってもこの子にとったら、敢えてこのタイミングであって何か意味があるのかもしれない、そうとも思います。

 

今はまだまだ不安だらけで手探りだけど周りの人に沢山相談して支えてもらって、それだけでも私は幸せ者だと思います。

 

将来、父親が居ないことで沢山辛い事や試練があるかもしれない、それでも私は私なりにこの子を全力で守って行きたいと思います。

 

今の生活が180度変わって今まで出来ていたことが出来なくなって色々な物を犠牲にすることになる。

 

それでも、この子が居るから得られる喜びも幸せもある、と私は思います。

 

幸せの形は人それぞれです。

 

だから今はこの子が五体満足で健康に産まれて来てくれることを祈ると共に元気に産まれて来てくれることが楽しみで仕方ありません。

 

今もしも、同じように悩んでいる方がいるとしたら、この記事を読んで少しでも背中を押されたら嬉しいです。

続きを読む≫ 2016/12/26 17:09:26

今の季節になると、美味しいものがたくさん出回っています。

 

特に秋になるといつも感じていることとして、やっぱり食欲の秋と言うことだけあって、食べるものが美味しいと思っているのです。

 

そして秋になると食欲がますというよりも、美味しいとおもうものが秋に多く見られるので、そのことから食欲が湧いてくるとおもうことができます。

 

そしてその秋になって、特に美味しいと思うものとして、さつまいもがあります。

 

さつまいもは、野菜の中でも私はダントツに好きな野菜となっています。

 

それはおかずとしてもつくることができるし、お菓子としてもつくることができるので、料理として幅広く利用することが出来るのです。

 

私がいつも作っているのは、おかずとしてぶた汁ののなかに入れます。そのぶた汁のなかに入れると、ほのかに感じる、さつまいもの甘身が、そのぶた汁のアクセントとなって、なんとも言えない美味しさを感じることができます。

 

そのようにさつまいもをおかずにすると、ほかの素材と一緒になって、とても美味しくなると言うことがあります。

 

また、お菓子としてもつくるようにしています。お菓子として一番作っているのは、さつまいもの天ぷらです。それは、懐かしい味がして、一番気にいっています。

続きを読む≫ 2014/11/28 01:41:28

私のオタク趣味的に今年を振り返ると6月ほどわくわくしていた月はありません。

 

なぜかと言うと私が好きな漫画「HUNTER×HUNTER」の本編が2年の時を越えて連載再開されたからです。

 

その2年の間にはある人気キャラの外伝漫画がジャンプに掲載され、劇場版アニメが2本も公開されていました。

 

それが発表された頃は非常にネットでも話題になったのがいまや懐かしくてなりません。

 

しかし、その連載は作者の冨樫さんの腰痛により9話でまた休載になりました。

 

完治して早く戻ってきてくれることを願っています。

 

その6月にはまだ色々あり、アニメ「花物語」が放送予定だったのに8月に延期され、代わりに今までの「物語シリーズ」のDVDとブルーレイに収録されていたキャラクターコメンタリーというものが放送されました。

 

アニメ本編にキャラクターが2人ずつ声をあてるという趣向なのですが、こんな楽しみ方があるのかと感心したのが思い出です。

 

あとミーハー的にはワールドカップなんてものがあり、日本は予選敗退で残念でした。

 

私は日本戦の後は決勝のドイツVSアルゼンチンを早起きして観たのが思い出です。

 

それから数ヶ月、最近アニメ版の「HUNTER×HUNTER」も3年の放送期間を経て最終回を迎えたのが感慨深いです。

 

そして、「物語シリーズ」の最新作が今年大晦日に「憑物語」というタイトルで放送されることが発表され、それが嬉しくてなりません。

 

世の中不景気が常態になって久しいのですが、こういう楽しみがあることをありがたく思いながら頑張っていきます。

続きを読む≫ 2014/11/28 01:41:28

今週は風邪を引いてしまい、ぐったり倒れておりました。
微熱が結構長引いてしまって、大変でした…(汗)

 

 

今日はテレビをつけたら、豪華な各所イルミネーションの話題をやっていました。私はこの話題を見るにつけ、複雑な気持ちになります。

 

東日本大震災が起きたのが2011年でした。3年前ですね。
すべての原子力発電所が止まった当年度こそ、こういった電飾はセーブされていましたが、最近はもうやらないの?
という疑問があります。

 

福島の汚染水の問題、原発をめぐる問題が大きな前進をしたとようには私は聞いておりません。
何も変わっていない中で「節電ブーム」だけが去った格好なのでしょうか。

 

 

今、日本人は福島の事件ことを忘れようとしているのかな?と思うことがあります。

 

「美味しんぼ」の記事はろくな検証もなく潰され、テレビでは福島産の果物を「美味しい、美味しい」
とPR(美味しいのは分かったから、安全かを教えてくれ!
と言いたいのは私だけではないはず…)。

 

政府が率先して外国に原発を売ろうとする国ですから流れとしては仕方のないことなのかもしれませんが、あまり良い潮流ではないと私は思います。

 

 

ああいったイルミネーション自体は悪いことではありませんが、もう少しテレビで伝える側にも情報を受け取り側にも、考えて欲しいところです。

続きを読む≫ 2014/11/28 01:41:28

"去年のたしか9月頃でしょうか、その頃に友人に勧められた本の影響で日曜日はパソコンを禁止しました。
だけど少し前にフリーゲームに興味を持ち、日曜日にはそれをガンガンやりたくて解禁します。
そして最近なのですが、フリーゲームへの感心が去り、去年のパソコン禁止前と同じように1日中動画を視聴したりまとめブログを見たりとかなりネット中毒的な生活に戻りました。

 

これはいけないとまた日曜日のパソコンの利用を制限することにしました。
その代わりに買ったSF小説を読むことにして最近2冊注文して準備しています。

 

完全にパソコンの利用を禁止したいところですが、私は勉強のための読書はパソコンのメモ帳にメモしながらやるので、日曜日もそれをやるために完全禁止にはしないことにしました。
今年ももう残り2ヶ月を切っていますので、できるだけ今年中に科学の本を読みたいと思っています。

 

そういうわけでこれからは日曜日は動画視聴とまとめブログ、ネットサーフィンを禁止します。
するのはTwitterと読書メモ、あるいは調べものぐらいでしょうか。
ネットサーフィンと調べものははっきりと境目があるわけではありませんが、とりあえずはっきりした目的のために検索を使うことにします。"

続きを読む≫ 2014/11/28 01:40:28

"少しまえにNHKの番組「クローズアップ現代」で、子供の声がうるさいという理由で地域住民の人たちが、保育園建設に反対しているという話題を取り上げていました。
住民と保育園側が話し合いをして、問題を解決している経過を番組で取り上げていましたが、その中で気になったのは今の子供たちの遊び場が、限られているということでした。
私も商業施設などで、プレイランド以外の場所でも走り回っている子供を見て、不快に感じていたのですが、遊び場もあまりないとなると子供としてもどこかで発散したいという気になってしまうのでしょう。
子供の声が外に漏れない様に気を使っている保育園があることも取り上げていましたが、私の近所でもそうした保育園があります。比較的最近できた保育園です。「保育園」との看板は掲げているのですが、目張りしてあって中は見えません。しかも防音設備があるのでしょう、子供の声が聞こえないのです。そこに子供や保護者が通っているところは見たことはあるので、営業はしているはずです。あまり大きくない保育園ということもあって、この様なところで子供たちは窮屈に感じないのかな、と思ってしまいます。
別な場所にも保育園があって、ここは古くからあるところです。こちらのほうは敷地内に庭や遊具もあって、戸外で遊べるようになっていて、よく元気な遊び声が聞こえます。
待機児童の問題もありますが、新しく保育園を建設すると[子供の声のしない保育園」が増えていくのかもしれません。"

続きを読む≫ 2014/11/28 01:39:28

 我が家の孫は本当に食が細い子で困ってしまいます。

 

家でも外食しても食事中にすぐにこにこして遊び出してしまいます。

 

少しも食べてくれません。だからいつも月齢においての基準の体型よりも著しく小柄です。もともと超低体重児で生まれて来たので最初からとてもとても小さかったので沢山食べてくれてどんどん大きく元気な子に育って欲しいのが切実な願いです。

 

でもちっとも食べてくれません。大人の気持ちがわからないようです。

 

この際百歩譲って、スナック菓子でも揚げ物でも食べるならば一応胃に入るし、食べるという事も覚えるのかなと思い、いつの間にか食べるものは何でも食べさせてあげ様みたいなことになりました。

 

私は、日々色々な物を挑戦させています。今、お気に入りは固焼きの醤油味のお煎餅です。先日がさがさとお煎餅の袋を取り出す音を聞くと飛び出してきました。

 

またベビーチーズも気に入ったようです。小さくカットしてあげるとにこにこして手にとります。私の方まで嬉しくなりました。リビングに座って、お煎餅とチーズを食べて調子が出て来たようで、ヨーグルトも沢山食べていました。

 

まだまだ幼い子の食欲はその時の気分なのかなと思いました。少し気を良くした私はそれから、お煎餅とチーズを買っておいてあげたりしています。少しでも食に興味をもってくれたらうれしいです。

続きを読む≫ 2014/11/28 01:39:28

"土曜日の夜に始まった、人気芸人さんが何組か集まったミレニアムズという番組。
このあいだ見てたんですが、おもしろすぎてお腹つりそうになりました。笑
特に日本昔話ならぬ、最近身の回りで起きた出来事、日本ちかし話を子どもたちに聞かせるやつが、
最高に笑いました。

 

そのなかでもナイツ塙さんの、お相撲さん安美錦と食事に行って、お会計が9万円した話。
子供にやさしく言い聞かせるように、まさに物語風に話してるのがおかしくて仕方ありませんでした。
絵本風に出るイラストと、「9まんえん」というお札のイラストも吹きました。笑
いやあ9万って、ふつうにすごくないですか?プライベートゴチやってるみたいなものですよね。
ドケチな私は、食べ物という無常ではかないものに1万円以上かけるという概念がないです。笑

 

確かにおいしいものって、胃がいつもより開く感じがして、余計お腹空く気がします。
おいしいと、もういいやということがなく、やっぱり何口食べてもおいしくて、
おいしいとまたそこから胃が開くのです。

 

私もどの料理も絶品のブッフェとか行ったとき、
どうすんのこれ、全然飽きないしとめられない。どこが終わりなの。
と心配になったことがしばしば。笑
健康のことや体型のこと考えたら、食べ物ってあんまりおいしくないほうがいいのかもしれません。笑

 

日本ちかし話を見て涙流して笑いながら、冷静にそんなことを考えてました。笑
"

続きを読む≫ 2014/11/28 01:38:28