原発の事件を忘れようとしている?

原発の事件を忘れようとしている?

今週は風邪を引いてしまい、ぐったり倒れておりました。
微熱が結構長引いてしまって、大変でした…(汗)

 

 

今日はテレビをつけたら、豪華な各所イルミネーションの話題をやっていました。私はこの話題を見るにつけ、複雑な気持ちになります。

 

東日本大震災が起きたのが2011年でした。3年前ですね。
すべての原子力発電所が止まった当年度こそ、こういった電飾はセーブされていましたが、最近はもうやらないの?
という疑問があります。

 

福島の汚染水の問題、原発をめぐる問題が大きな前進をしたとようには私は聞いておりません。
何も変わっていない中で「節電ブーム」だけが去った格好なのでしょうか。

 

 

今、日本人は福島の事件ことを忘れようとしているのかな?と思うことがあります。

 

「美味しんぼ」の記事はろくな検証もなく潰され、テレビでは福島産の果物を「美味しい、美味しい」
とPR(美味しいのは分かったから、安全かを教えてくれ!
と言いたいのは私だけではないはず…)。

 

政府が率先して外国に原発を売ろうとする国ですから流れとしては仕方のないことなのかもしれませんが、あまり良い潮流ではないと私は思います。

 

 

ああいったイルミネーション自体は悪いことではありませんが、もう少しテレビで伝える側にも情報を受け取り側にも、考えて欲しいところです。