猫の事故について

猫の事故について

"この前、車で道路を運転している時、猫が事故に遭っている所を見ました。その時、とても辛い気持ちになったのです。

 

それは、その猫が飼い猫だったらと思うと、余計辛い気持ちになった事でした。そう思うのは、私は猫を飼っていないのですが、自宅に犬を飼っているので、動物を家族同様に可愛いと思っているからです。
そのため、その事故に遭っている猫をみたときも、飼い主の人の気持ちになったのです。

 

もしも私が飼っている犬が、交通事故にあったとしたら、しばらく立ち直る事ができないと思っています。それは、飼っている犬は、家族と同じで、大切な生き物だからです。
そのことから、そのように雨に打たれている姿を見ると、悲しい気持ちになります。

 

動物の交通事故というのは、人と違って、そのままにされる事が多いです。しかし、その様子をみた時、誰も辛い気持ちになると思います。

 

そのことから、出来たら事故に合わないように、飼い主が気をつける事が大切です。私が飼っている犬の場合は、自宅の中で飼っていますので、事故に合う事はないと思っていますが、急に飛び出さないように、散歩の時など気をつけることにしています。
そのようにするだけでも、少しでも事故を防ぐ事が出来ると思っています。"